ptsdなど心の病気は専門医へ相談|カウンセリングで病にうち勝つ

男性の医者

心の傷による症状

悩む男性

記憶が重要となります

ptsdは、過去に受けた心の傷が原因で生じてくる精神的な障害です。このptsdは、通常当人の記憶によって引き起こされると言えます。ptsdは、一般的に原因となる出来事が起こってから半年以内に現れることが多いです。ですが、稀に長期間経過した後に症状が見られることもあります。ptsdと関わりが深い記憶は、程度の差こそあれ日々変化しているのが本当の所です。同じ出来事を経験しても、受け止め方によって様々な記憶が形成されます。ショッキングな出来事が起こった場合には、誰しも一時的に精神状態が乱れるのが常です。その後順調な回復を辿れば、徐々に恐怖や不快感が薄れ冷静に状況を判断出来るようになります。こういった記憶の整理が上手に出来なくなってしまうことが、所謂ptsdの原因です。記憶は生活を通じて再構成されていく傾向があります。ですので、時間を減るごとに少しずつ解釈が変わることも多いです。ptsdの場合には、このような解釈の変化が起こりにくく、当時のショッキングな映像に振り回されてしまうことが一つの特徴として挙げられます。従って、治療を受ける上では専門の精神科医や心療内科医などによる適切なガイドが必要です。

認識の修正が必要です

長期間経過してから現れてくるタイプのptsdは、概して記憶の整理に問題があります。歪んだ認識に本人が捕らわれているため、ネガティヴな見方で事実を捉えてしまっていることが問題です。このような場合は、第3者が何らかの方法で認識を修正しない限りその後も症状が継続することが多く、注意が必要となります。ptsdでは、時に現実にはなかったことを事実の記憶として認識していることがあるのが厄介な点です。こういったパターンでは状況をより悲観的に捉えがちであり、出来事をより深刻に受け止めていることがほとんどと言えます。このような歪んだ認識を、現実に近い状態に修正するのが精神科医や心療内科医です。こういった修正を行なうためには、実際にあった出来事を再び思い出すことが必要です。治療の中では出来事を詳細に言葉にする作業が行なわれます。客観的事実を拾い出すことで、記憶を整理しなおせることがこういった作業のメリットです。ptsdでは、歪んだ認識がより重症化しないうちに手を打つことが大切となります。ptsdになるとアルコールや薬物依存のリスクも高くなるため、早目に改善を試みることが重要です。若年者の場合には特に早期の治療が望まれます。

心のトラブル

背伸びする女性

精神科や心療内科では、過去のトラウマが原因で起こるptsdに専門的な治療を行なっています。専門医やカウンセラーが適切な対処をすることから、こういった診療科は人気です。ptsdは、依存性疾患の合併にも注意をする必要があります。

View Detail

心の病気と闘うために

ロングヘアーの女性

ptsdは心的外傷後ストレス障害と呼ばれ、強烈なショック体験や強いストレスを一度に受けることによって起こる心の病です。それにより不眠になったり、気持ちが落ち込んだりするのです。治療法には薬剤治療と持続エクスポージャー療法があります。

View Detail

心的外傷後ストレス障害

悩む女性

ptsdは過去の強いショックやストレスが原因で心がダメージを負い、その時だけでなくそのあともダメージが残ってしまう心的外傷後ストレス障害のことです。ptsdになった人は過去の出来事を乗り越えることができないと自分を責めてしまいますが、責めずに適切な治療を受ける必要があります。

View Detail

ストレス障害

医者

ptsdは何らかの恐怖体験が引き金となって発症します。繰り返して起こるフラッシュバックと呼ばれる症状があるのが特徴で、心身に様々な異常が現れることが多い障害です。ptsdの治療においては特殊な心理療法が有望視されています。

View Detail